青井茂のwikiや画像について!経歴がヤバい?年収や学歴をチェック!

この記事は2分で読めます

みなさんこんにちは!

もちごめです。

 

今日は株式会社A-TOMの副社長である

青井茂さんについてご紹介します。

 

この方についてご存知の方は

それほど多くないと思いますが、

アナウンサーの山岸舞彩さんの

結婚相手として話題になっています。

 

それでは青井茂さんのwikiや

経歴について紹介していきます!

スポンサードリンク

青井茂のプロフィール

名前:青井茂(あおい しげる)

生年月日:1977年?月?日

年齢:38歳

青井茂さんは慶應義塾幼稚舎から

慶應技術大学経済学部卒と、

まさに幼い頃からエリートコースを

歩んできたといっても過言ではありません!w

 

それもそのはず、青井茂さんの祖父は

百貨店『丸井』の創業者である

青井忠治さん。

 

そして父親は現在自分が副社長を

勤めている会社A-TOMの社長さんです。

 

そんな家庭で育てられてきた青井さんなので

エリートとして育てられるのもうなづけます。

 

ちなみに青井茂さんの弟はアナウンサーの

青井実さんであると知られています!

 

話は戻りますが、青井茂さんは慶応大学を

卒業した後、カリフォルニア州に拠点を置く

オニールという会社に入社します。

 

現在はA-TOMの副社長であることから、

おそらくビジネスを学ぶために

渡米したのだと思われます。

 

株式会社A-TOMは不動産ビジネスを

展開している会社で、

設立したのが父親の青井忠四郎さんなので、

次期社長というのも考えられますね!

 

そんな成功の人生を歩んできた

青井茂さんですが、

お嫁さんに山岸舞彩アナを貰うなんて

なんとも羨ましいですね!

 

むしろ山岸アナが羨ましいですw

結婚後はアナウンサーを引退するとの

ことなので専業主婦になるみたいですね。

旦那さんが副社長なら自分が働く

必要もないのかもしれません。。。

スポンサードリンク

青井茂の年収が気になる!

大手不動産会社の副社長!

ということで気になるのはやっぱり年収(笑)

 

調べてみたところ株式会社ATOMの年商は

数千億円に昇るようです。

 

年商1億円以上の会社が

1%強らしいので、

群を抜いていますね(笑)

 

ただ、年商というのはその会社が

売った金額のことなので、

利益と結びつくわけではありません。

 

不動産関係ということもあり、

動くお金も大きいのですが

それでも数千億はすごいですね!

 

最近は不動産だけでなく

再生エネルギーに関する事業や

衣料品などの輸出入事業も

行っているそうです!

 

それじゃ、純利益はどれくらい?

と思う方も多いと思いますが、

大手不動産会社でも純利益は

10%にも満たないと言われています。

 

なので、数千億売り上げているA-TOMでも

純利益は数百~数十億といったところでしょうか?

 

青井茂さんは副社長なので

年収は2000~3000万円くらいと考えるのが

妥当ではないでしょうか?

 

山岸舞彩アナもすごい方を

つかまえちゃいましたね(笑)

 

海外で働いたキャリアを持ち、

将来も安定が見込める

イケメン実業家なんて

そう簡単に見つかりませんよね~。

 

引退後は専業主婦として

旦那さんのことを支えながら

円満な夫婦生活を送ってほしいです。

 

それでは最後まで読んでいただき

ありがとうございました!(^^♪

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. main
  2. G20120120002465780_view
  3. rp_640x640_rect_13396493-e1424265140448.jpg
  4. [#Beginning of Shooting Data Section]
Nikon D3X
2012/01/20 21:45:55.08
ƒ[ƒ‹ƒhƒ^ƒCƒ€F UTC+9, ‰ÄŽžŠÔ‚̐ݒèF‚µ‚È‚¢
ƒƒXƒŒƒXˆ³kRAW (12-bit)
‰æ‘œƒTƒCƒYF L (6048 x 4032), FX
ƒŒƒ“ƒYF 85mm F/1.4G
ŽB‰eŽÒ–¼F                                     
’˜ìŒ ŽÒ–¼F                                                       
Å“_‹——£F 85mm
˜Ioƒ‚[ƒhF ƒ}ƒjƒ…ƒAƒ‹
‘ªŒõƒ‚[ƒhF ’†‰›•”d“_‘ªŒõ
ƒVƒƒƒbƒ^[ƒXƒs[ƒhF 1/250•b
i‚è’lF F/5.6
˜Io•â³F 0’i
˜Io’²ßF
ISOŠ´“xÝ’èF ISO 100
Ždã‚ª‚èÝ’èF
ƒzƒƒCƒgƒoƒ‰ƒ“ƒXF ƒI[ƒg, 0, 0
ƒtƒH[ƒJƒXƒ‚[ƒhF AF-S
AFƒGƒŠƒAƒ‚[ƒhF ƒI[ƒg
AF”÷’²ßF ‚µ‚È‚¢
ŽèƒuƒŒ•â³F
’·•bŽžƒmƒCƒY’ጸF ‚µ‚È‚¢
‚Š´“xƒmƒCƒY’ጸF ‚µ‚È‚¢
ƒJƒ‰[Ý’èF
F‹óŠÔF Adobe RGB
ŠK’²•â³F
F‡‚¢’²®F
Ê“xÝ’èF
—ÖŠs‹­’²F
ƒAƒNƒeƒBƒuD-ƒ‰ƒCƒeƒBƒ“ƒOF ‚æ‚è‹­‚ß
ƒ”ƒBƒlƒbƒgƒRƒ“ƒgƒ[ƒ‹F •W€
Ž©“®‚䂪‚ݕ␳F
ƒsƒNƒ`ƒƒ[ƒRƒ“ƒgƒ[ƒ‹F [SD] ƒXƒ^ƒ“ƒ_[ƒh
ƒx[ƒXF [SD] ƒXƒ^ƒ“ƒ_[ƒh
ƒNƒCƒbƒN’²®F 0
—ÖŠs‹­’²F 3
ƒRƒ“ƒgƒ‰ƒXƒgF ƒAƒNƒeƒBƒuD-ƒ‰ƒCƒeƒBƒ“ƒO
–¾‚邳F ƒAƒNƒeƒBƒuD-ƒ‰ƒCƒeƒBƒ“ƒO
F‚Ì”Z‚³(Ê“x)F 0
F‡‚¢(F‘Š)F 0
ƒtƒBƒ‹ƒ^[Œø‰ÊF
’²FF
”­Œõƒ‚[ƒhF  
’²Œõ•â³F  
ƒtƒ‰ƒbƒVƒ…ƒ‚[ƒhF  
ƒJƒ‰[ƒtƒBƒ‹ƒ^[F
‘ª’nŒnF
‰æ‘œ^³«ŒŸØ‹@”F ‚µ‚È‚¢
ƒSƒ~œ‹ŽF
‰æ‘œƒRƒƒ“ƒgF                                     
[#End of Shooting Data Section]