ディズニー映画『イントゥ・ザ・ウッズ』吹き替えを公開している映画館がない理由

この記事は2分で読めます

E38387E382A3E382BAE3838BE383BCE698A0E794BBE38090E382A4E383B3E38388E382A5E382B6E382A6E38383E382BAE38091

3月14日(土)に公開されたディズニー映画最新作

『イントゥ・ザ・ウッズ』ですが、

日本語の吹き替え版がないことで話題になっています。

 

小さなお子さんは吹き替え版がないと、

ストーリーの内容が分からないですよね。

では、なぜ今回吹き替え版が上映されないのでしょう?

その理由について考えてみました。

スポンサードリンク

イントゥ・ザ・ウッズに吹き替え版がない理由

映画『イントゥ・ザ・ウッズ』には、

有名な『シンデレラ』『赤ずきん』などの

キャラクターが登場し、

それらの話のハッピーエンドのその後

描いた映画として話題となっています。

 

詳しいあらすじや登場人物については

こちらの記事でまとめています。

 

『イントゥ・ザ・ウッズ』に日本語吹き替え版が

ない理由として次のことが考えられます。

・セリフの7割が歌のため、声優の負担が大きい

・翻訳するのが難しい

・内容が子供向きではない

これらの理由について一つ一つ説明していきます!

スポンサードリンク

理由1:声優への負担が大きい

『イントゥ・ザ・ウッズ』はミュージカル映画

言われているように、セリフの約7〜8割が歌です。

 

そのため声優さんに歌ってもらうのは

難しいということではないでしょうか?

 

大ヒット映画『アナと雪の女王』では、

『雪だるまつくろう』『Let It Go』などで

英語版と日本語版が存在しましたが、

あれでも10曲いかないくらいですからね。

 

この映画全体の歌を日本語化するのは

かなり大変なことだと考えられます。

理由2:翻訳するのが難しい

これは理由1と似ているのですが、

歌を日本語に書き起こすのはかなり大変です。

 

英語の歌には英語独特の韻のようなものが

あるため、翻訳自体もかなり難しいからです。

 

おそらくニュアンスも元のセリフと字幕では

かなり異なっていると考えられます。

理由3:内容が子供向きではない

これは個人的見解の部分が多いのですが、

『イントゥ・ザ・ウッズ』はストーリーに

かなりブラックユーモア的な要素を含んでいます。

 

CMなどでは『シンデレラ』や『赤ずきん』の

ハッピーエンドのその後を描くと言って

興味を引くように宣伝していますが、

実際は少し暗めのストーリーとなっています。

 

例えばこちらの本編映像ですが、

原作では幸せに結ばれるシンデレラと王子の関係も

あまり幸せなものではなさそうです。

 

 

また、原作では素直で優しい性格の赤ずきんも

この映画の中では違った性格で描かれています。

 

 

このように、原作を知っていても、

必ずしも同じキャラクターが登場する訳ではないので、

あまり子供向けではないのかもしれません。

 

元々、子供向けに作られていないため、

吹き替え版が作られなかったと考えられます。

まとめ

以上が『イントゥ・ザ・ウッズ』に、

日本語吹き替えがない理由と考えられます。

 

子供向けではないため吹き替え版が作られなかった

と書いていますが、

ただ単にストーリーよりもミュージカルを

楽しんでほしいからという理由も考えられます。

 

『イントゥ・ザ・ウッズ』にはジョニー・デップを

始めとした有名俳優・女優が多数出演しているので、

興味のある方はぜひ見に行ってください!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 1422956931533