生ゴミ先生滝沢充子の経歴と旦那の職業について!能年玲奈洗脳の目的は?

この記事は2分で読めます

takizawa

女優の能年玲奈(21)さんが

“洗脳”されていると話題になっています。

 

どうやら能年玲奈さんが

“生ゴミ先生”と呼んで慕っている

滝沢充子(52)さんという女性が鍵らしいです。

 

滝沢充子さんと洗脳騒動について

気になる情報をまとめてみました!

スポンサードリンク

滝沢充子のプロフィール

滝沢充子さんは『魅力開発トレーナー』

という肩書きをもっており、演出家兼振付師で、

能年玲奈さんの演技指導をしている方です。

 

独自の演技指導である『Jメソッド』を提唱し、

その人に合った表現方法や魅力開発などを

しているそうです。

 

滝沢さんは能年さんがデビュー間もない頃から

指導をし、今や手つなぎデート

スクープされるほどの仲の良さだとか。

KB5_8728

指導で一緒に過ごす時間が多いからといって、

手を繋いで歩くって凄くないですか?(笑)

 

能年さんは滝沢さんに全信頼を寄せており、

仕事のオファーが来たら滝沢さんに相談し、

仕事を受けるかどうかを決めるそうです。

 

能年さんは仕事だけでなくプライベートでも

滝沢さんと一緒に過ごしており、

自宅も東京・新宿区へと引っ越し、

二人が同居しているという噂もあるそうです。

 

滝沢さんはインタビューされた際に、

「(能年さんの)両親に頼まれて、

身の回りの世話をしているだけだ」と答えています。

 

21歳にもなる女性の方が、

自分の母親と同じくらいの女性に

身の回りの世話をしてもらうのも

どうかと思いますが・・・。

 

ちなみに、能年さんが滝沢さんを

『生ゴミ先生』と呼ぶ由来は、

滝沢さんが能年さんに対し

「あなたは女優になれなきゃ生ゴミね」

と言ったことらしいです。

スポンサードリンク

滝沢充子の旦那は漫画家?

色々気になる滝沢充子さんですが、

実は旦那さんは神崎将臣という漫画家だそうです。

 

作品としては『HUNTER』『鋼-HAGANE-』など、

大衆向けというよりはコアなファンが多い

漫画家さんだそうです。

 

この旦那さんですが、以前から

能年さんの所属事務所の悪口を書き込んだり、

能年さんの後見人を名乗るなどといった

意味不明な言動が多かったそうです。

 

今回の個人事務所立ち上げ騒動の前にも、

能年さんが代表者になった会社があり、

調べると神崎将臣さんの会社の代表者として

能年さんが登録されたこともあったそうです。

 

一部では滝沢さんの旦那さんが、

能年さんの洗脳騒動の黒幕と言われていますが、

確かな証拠もないのでなんとも言えないですね。

能年玲奈洗脳騒動について

今回の騒動は、能年玲奈さんが事務所に

無断で個人事務所を設立したことが問題となりました。

 

会社の名前は『株式会社三毛andカリントウ』

というなんともユーモラスな名前ですw

 

滝沢さんの親族の葬儀場にこの会社名と

能年さんの名前で献花があり、

それで今回の件が発覚したと言われています。

 

個人事務所を設立した理由は

能年さんの描いた絵やグッズなどを販売する会社

だと言われていますが、真偽は分かりません。

 

能年さんのグッズを販売するなら、

今の事務所のままでも良いと思うのですが、

やはりお金が絡んで来るのでしょうか…。

まとめ

『あまちゃん』で一躍有名人となった

能年玲奈さんですが、この先どうなるのでしょうか?

 

芸能界では事務所に無断で個人事務所を

設立するのはタブーだと言われています。

 

まだ21歳という若さで、

このような事態は非常に残念です。

無事解決してこれからも活躍してほしいです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. Chicago Fire - Season Pilot
  2. w241c-e_1681564
  3. _36P8005_588x
  4. IMG_1210
  5. o0480048013177084725
  6. [#Beginning of Shooting Data Section]
Nikon D3X
2012/01/20 21:45:55.08
ƒ[ƒ‹ƒhƒ^ƒCƒ€F UTC+9, ‰ÄŽžŠÔ‚̐ݒèF‚µ‚È‚¢
ƒƒXƒŒƒXˆ³kRAW (12-bit)
‰æ‘œƒTƒCƒYF L (6048 x 4032), FX
ƒŒƒ“ƒYF 85mm F/1.4G
ŽB‰eŽÒ–¼F                                     
’˜ìŒ ŽÒ–¼F                                                       
Å“_‹——£F 85mm
˜Ioƒ‚[ƒhF ƒ}ƒjƒ…ƒAƒ‹
‘ªŒõƒ‚[ƒhF ’†‰›•”d“_‘ªŒõ
ƒVƒƒƒbƒ^[ƒXƒs[ƒhF 1/250•b
i‚è’lF F/5.6
˜Io•â³F 0’i
˜Io’²ßF
ISOŠ´“xÝ’èF ISO 100
Ždã‚ª‚èÝ’èF
ƒzƒƒCƒgƒoƒ‰ƒ“ƒXF ƒI[ƒg, 0, 0
ƒtƒH[ƒJƒXƒ‚[ƒhF AF-S
AFƒGƒŠƒAƒ‚[ƒhF ƒI[ƒg
AF”÷’²ßF ‚µ‚È‚¢
ŽèƒuƒŒ•â³F
’·•bŽžƒmƒCƒY’ጸF ‚µ‚È‚¢
‚Š´“xƒmƒCƒY’ጸF ‚µ‚È‚¢
ƒJƒ‰[Ý’èF
F‹óŠÔF Adobe RGB
ŠK’²•â³F
F‡‚¢’²®F
Ê“xÝ’èF
—ÖŠs‹­’²F
ƒAƒNƒeƒBƒuD-ƒ‰ƒCƒeƒBƒ“ƒOF ‚æ‚è‹­‚ß
ƒ”ƒBƒlƒbƒgƒRƒ“ƒgƒ[ƒ‹F •W€
Ž©“®‚䂪‚ݕ␳F
ƒsƒNƒ`ƒƒ[ƒRƒ“ƒgƒ[ƒ‹F [SD] ƒXƒ^ƒ“ƒ_[ƒh
ƒx[ƒXF [SD] ƒXƒ^ƒ“ƒ_[ƒh
ƒNƒCƒbƒN’²®F 0
—ÖŠs‹­’²F 3
ƒRƒ“ƒgƒ‰ƒXƒgF ƒAƒNƒeƒBƒuD-ƒ‰ƒCƒeƒBƒ“ƒO
–¾‚邳F ƒAƒNƒeƒBƒuD-ƒ‰ƒCƒeƒBƒ“ƒO
F‚Ì”Z‚³(Ê“x)F 0
F‡‚¢(F‘Š)F 0
ƒtƒBƒ‹ƒ^[Œø‰ÊF
’²FF
”­Œõƒ‚[ƒhF  
’²Œõ•â³F  
ƒtƒ‰ƒbƒVƒ…ƒ‚[ƒhF  
ƒJƒ‰[ƒtƒBƒ‹ƒ^[F
‘ª’nŒnF
‰æ‘œ^³«ŒŸØ‹@”F ‚µ‚È‚¢
ƒSƒ~œ‹ŽF
‰æ‘œƒRƒƒ“ƒgF                                     
[#End of Shooting Data Section]