タマホーム国産材CMのナマステ外国人は誰?素顔がイケメンだと話題に!

この記事は2分で読めます

スクリーンショット(2015-06-04 23.35.44)

タマホームの新CMに注目が集まっています。

 

国産材使用率が高く安心な設計ということを

アピールしているタマホームのCM『国産材篇』

 

CMに出てくるのはラッスンゴレライで

おなじみの8.6秒バズーカーのお二人かと

思いきやなんとインド人?が登場します。

 

このCMに出てくる謎の外国人は何者なのか?

気になる情報についてまとめてみました!

スポンサードリンク

タマホームCM【国産材篇】

まずは現在テレビで流れている

国産材篇のCMを動画で見てみましょう!

いかがでしたか?

自分が最初に思ったのは

「意外とクオリティが高い」

ということでした(笑)

 

“タマホーム国産材”というフレーズを

うまくラッスンゴレライの歌詞に

組み合わせてきましたね。

 

残念なのが、1回聞いただけでは

歌詞がよく聞き取れないということ。

しかもタマホーム国産材について

何の説明もしていないということ。

 

そんな残念さも吹き飛ばしてしまう、

インド人(?)のキレッキレの動き。

色んな意味で笑わせてもらいました(笑)

 

では、この外国人は何者なのか?

実は素顔がかなりイケメンということが

判明したので紹介していきます!

ナマステ外国人の正体は誰?

スクリーンショット(2015-06-04 23.29.31)

インド人版8.6秒バズーカーの

田中シングル(細い方)役を

演じているのは外国人ダンサー

LARRSON(鈴木ラーソン)さんという方です。

1

名前:LARRSON(鈴木ラーソン)

生年月日:不明

国籍:フィリピン

身長:168cm

ラーソンさんはインドではなく、

フィリピンの方でした!

 

現在は関西を中心にダンサーとしてだけでなく

振り付けファッションモデルなど

多方面に渡って活動されているようです。

 

身長はそれほど高くないのですが、

写真を見ても分かるように

イケメンで、スタイルも良さそうです!

 

CMのあのキレの良さは、

ダンサーならではのものだったのですね!

 

また、タマホームのCMだけでなく

キリンメッツのCM『フードダンス篇』にも

出演されているようです。

このCMにはラーソンさん以外にも

多くの外国人ダンサーの方が出ているので

自分にはラーソンさんを

見つけることが出来ませんでした…^^;

スポンサードリンク

鈴木ラーソンの素顔について

CMではサングラスをかけているため

素顔が見えないラーソンさんですが、

素顔はかなりのイケメンです!

 

TwitterだけでなくInstagramでも

自身の自撮り写真をよく公開しているようです。

写真の他にもダンスレッスンらしき

動画もあげており、ダンサーとしての

ラーソンさんの様子が伺えました!

 

気になった方はぜひラーソンさんの

Instagramをチェックしてみてください!

まとめ

このタイミングでラッスンゴレライのネタを

CMに起用するのはどうなのかといった

賛否両論の意見もあるこのCMですが、

個人的には印象に残るしアリだと思っています!

 

ラーソンさんには今後も他のCMなどで

知名度を上げていってほしいですね!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. w241c-e_1681564
  2. [#Beginning of Shooting Data Section]
Nikon D3X
2012/01/20 21:45:55.08
ƒ[ƒ‹ƒhƒ^ƒCƒ€F UTC+9, ‰ÄŽžŠÔ‚̐ݒèF‚µ‚È‚¢
ƒƒXƒŒƒXˆ³kRAW (12-bit)
‰æ‘œƒTƒCƒYF L (6048 x 4032), FX
ƒŒƒ“ƒYF 85mm F/1.4G
ŽB‰eŽÒ–¼F                                     
’˜ìŒ ŽÒ–¼F                                                       
Å“_‹——£F 85mm
˜Ioƒ‚[ƒhF ƒ}ƒjƒ…ƒAƒ‹
‘ªŒõƒ‚[ƒhF ’†‰›•”d“_‘ªŒõ
ƒVƒƒƒbƒ^[ƒXƒs[ƒhF 1/250•b
i‚è’lF F/5.6
˜Io•â³F 0’i
˜Io’²ßF
ISOŠ´“xÝ’èF ISO 100
Ždã‚ª‚èÝ’èF
ƒzƒƒCƒgƒoƒ‰ƒ“ƒXF ƒI[ƒg, 0, 0
ƒtƒH[ƒJƒXƒ‚[ƒhF AF-S
AFƒGƒŠƒAƒ‚[ƒhF ƒI[ƒg
AF”÷’²ßF ‚µ‚È‚¢
ŽèƒuƒŒ•â³F
’·•bŽžƒmƒCƒY’ጸF ‚µ‚È‚¢
‚Š´“xƒmƒCƒY’ጸF ‚µ‚È‚¢
ƒJƒ‰[Ý’èF
F‹óŠÔF Adobe RGB
ŠK’²•â³F
F‡‚¢’²®F
Ê“xÝ’èF
—ÖŠs‹­’²F
ƒAƒNƒeƒBƒuD-ƒ‰ƒCƒeƒBƒ“ƒOF ‚æ‚è‹­‚ß
ƒ”ƒBƒlƒbƒgƒRƒ“ƒgƒ[ƒ‹F •W€
Ž©“®‚䂪‚ݕ␳F
ƒsƒNƒ`ƒƒ[ƒRƒ“ƒgƒ[ƒ‹F [SD] ƒXƒ^ƒ“ƒ_[ƒh
ƒx[ƒXF [SD] ƒXƒ^ƒ“ƒ_[ƒh
ƒNƒCƒbƒN’²®F 0
—ÖŠs‹­’²F 3
ƒRƒ“ƒgƒ‰ƒXƒgF ƒAƒNƒeƒBƒuD-ƒ‰ƒCƒeƒBƒ“ƒO
–¾‚邳F ƒAƒNƒeƒBƒuD-ƒ‰ƒCƒeƒBƒ“ƒO
F‚Ì”Z‚³(Ê“x)F 0
F‡‚¢(F‘Š)F 0
ƒtƒBƒ‹ƒ^[Œø‰ÊF
’²FF
”­Œõƒ‚[ƒhF  
’²Œõ•â³F  
ƒtƒ‰ƒbƒVƒ…ƒ‚[ƒhF  
ƒJƒ‰[ƒtƒBƒ‹ƒ^[F
‘ª’nŒnF
‰æ‘œ^³«ŒŸØ‹@”F ‚µ‚È‚¢
ƒSƒ~œ‹ŽF
‰æ‘œƒRƒƒ“ƒgF                                     
[#End of Shooting Data Section]
  3. G20120120002465780_view
  4. main
  5. 1-43355