つんく♂声帯摘出していた!現在の病状と喉頭がんの進行度は?余命への影響は?

この記事は2分で読めます

1-43355

音楽プロデューサーのつんく♂さんが、

声帯を摘出していたことを発表しました。

 

つんく♂さんは昨年10月に喉頭がんが

再発見され療養中でした。

 

つんく♂さんの現在の病状について、

気になる情報をまとめてみました。

スポンサードリンク

昨年3月、喉頭がんであることを発表

つんく♂さんは昨年3月6日、

喉頭がんを患ったことを公表しました。

 

テレビCMなどで声がガラガラだったことから、

何かの病気では?と思ったファンも多かったようです。

 

喉頭がんとは喉に出来るがんで、

主な原因はタバコやお酒だと言われています。

 

つんく♂さんは非喫煙者と言われているので、

歌手であることから喉の使いすぎや、

アルコールが原因では?と言われています。

 

その後、9月25日に完全寛解を発表したものの、

がんが再発見され10月に手術を受けました。

 

完全寛解とは一般的に完治していなくても、

医学的に問題がない程度にまで状態がよくなる

ことを指すそうです。

 

術後自宅療養などで回復したと思われましたが、

今回声帯を摘出したということなので、

かなり病状が悪化していたのかもしれません。

スポンサードリンク

現在の病状とがんの進行度は?

つんく♂さんは今月4日、母校である近畿大学

入学式にサプライズゲストとして登場しました。

その際に声帯摘出したことを発表したようです。

 

つんく♂さんは字幕によるメッセージで

新入生に祝辞を送ったそうです。

 

その中で去年から治療してきたがんが完治せず、

一番大事にしてきた声を捨てることで

生きる道を選んだと述べています。

 

一般的に、喉頭がんは放射線治療や抗癌剤による

治療よりも、声帯を摘出する手術をした方が

完治率が高いと言われています。

 

つんく♂さんは声帯を摘出されたので、

喉頭がんはほぼ完治されたのではないでしょうか。

 

また、現在も少しずつ活動を再開されるということで、

病状も以前よりはだいぶ良くなっているのだと

思われます。

つんく♂の余命は?今後の活動はどうなる?

今回声帯を摘出されたつんく♂さんですが、

今後の活動はどのようにして進めるのでしょうか。

 

まず、つんく♂さんの余命についてですが、

声帯を摘出したことにより転移が免れたため

がんによる余命への影響は少ないと考えられます。

 

つんく♂さんのブログ内でも今年1月から

キックボクシングを始めたと書いているので、

現在は元気に生活しているようです。

 

今後の活動についても今まで通り、

音楽の作成やアーティストの育成を

続けていくのではないでしょうか。

 

つんく♂さんのラジオや歌声をもう聞くことが

出来なくなってしまったのは非常に残念ですが、

今後も無理しない程度に頑張って活動を

続けていってほしいと思います。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. w241c-e_1681564
  2. _36P8005_588x
  3. rp_640x640_rect_13396493-e1424265140448.jpg
  4. takizawa
  5. 20150115_183102_large_2960