吉井和哉に4人の子供?名前と年齢は?元妻との離婚理由を暴露!

この記事は2分で読めます

歌手の吉井和哉(48)さんと

タレントの眞鍋かをり(35)さんが

結婚したことで話題になっています。

 

眞鍋さんは現在妊娠していて、

秋にはお子さんが生まれるそうです。

 

一度は破局が報じられたお二人ですが、

どうやら順調に交際を続けていたようです。

 

吉井和哉さんですが、実はバツイチ

前妻との間に子供が4人いるそうです。

 

吉井和哉さんの子供と離婚理由について

気になる情報をまとめてみました!

スポンサードリンク

吉井和哉と眞鍋かをりが出来婚

今月26日、眞鍋かをりさんが自身のブログにて

吉井和哉さんと結婚し、妊娠中であることを

発表しました。

 

いわゆる『できちゃった結婚』というやつですね。

 

眞鍋さんと吉井さんは2011年の秋に出会い、

2012年の2月には交際が報じられています。

 

一時は破局の報道もありましたが、

どうやら交際は続いていたようですね。

 

この破局報道に関しては、

眞鍋さんの強すぎるアタックが原因

とも噂されていましたが、

吉井さんの心境の変化を待つ

持久戦に切り替えたことで

結婚にありつけたのかもしれません。

 

ちなみに、眞鍋かをりさんといえば

芸人『麒麟』の川島明(32)さんとの

交際が報じられたこともあります。

 

交際期間についてですが

2007年〜2010年あたりの約3年ということで、

眞鍋さんは川島さんと破局した後に

吉井さんと交際を始めたようですね。

 

破局理由については川島さんが

「相手の性格が男勝りだった」

「話してて、相手の方が面白かった」

と告白しています。

 

破局後、眞鍋さんは川島さんとの共演に対し

NGを出しているようです。

破局後も関係を続けることはなさそうですね。

スポンサードリンク

吉井和哉の4人の子供について

吉井和哉さんがボーカルを務めたバンド

『THE YELLOW MONKEY』

1988年に結成。

 

その後、1992年、25歳のときに

メジャーデビューすると同時に

結婚したと言われています。

 

そして、前妻との間には子供が4人いて、

1男3女の父だったそうです。

 

子供の名前についてですが、

それらしき情報は見つけることが出来ませんでした。

 

ただ、吉井さんを昔から知っているファンは

子供の名前を知っているとの噂があるので、

根気よく探し続けたら見つけることが

出来るかもしれません!

 

子供の年齢について様々な憶測がありますが、

一番上の女の子は今年で20歳

言われています。

 

初めて子供が出来たのが

3rdアルバム『ジャガー・ハード・ペイン』

頃と言われており、

このアルバムは初版1994年発売のものなので、

その頃に子供が出来たとすると

一番上は20歳くらいになるはずです。

 

他の子供の年齢は分かりませんでしたが、

おそらく10〜20歳の間だと思われます。

吉井和哉の離婚の理由について

1988年には結婚していた吉井さんですが、

2008年頃に離婚していたという噂があります。

 

2012年2月に眞鍋さんとの交際が

報じられるのと同時に、

前妻との離婚が明るみに出たそうです。

 

前妻との離婚の理由については、

吉井さんの浮気が原因と言われています。

 

子供が4人も生まれ、育児に追われ

奥さんと吉井さんとの距離が開き

寂しくなった吉井さんが他の女性に

走ったと言われています。

 

個人的には、自分の子供なんだから

少し無責任すぎる気もします。

 

ですが、吉井さんの奥さんは

吉井さんのことが好きだから、

ちゃんとけじめをつけるために離婚を選び、

離婚後も吉井さんとは会っていたようです。

 

眞鍋さんと吉井さんの熱愛が報道されたときは

「本当に幸せになってほしい」

「彼女(眞鍋)の幸せを考えて行動してほしい」

と前向きにコメントしていました。

 

眞鍋さんと結婚・妊娠というニュースが

報じられた吉井和哉さんですが、

今回は眞鍋さんを一番に考え

離婚なんてことのないようにしてほしいですね。

 

お二人の幸せを願っています!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. o0480048013177084725
  2. G20120120002465780_view
  3. [#Beginning of Shooting Data Section]
Nikon D3X
2012/01/20 21:45:55.08
ƒ[ƒ‹ƒhƒ^ƒCƒ€F UTC+9, ‰ÄŽžŠÔ‚̐ݒèF‚µ‚È‚¢
ƒƒXƒŒƒXˆ³kRAW (12-bit)
‰æ‘œƒTƒCƒYF L (6048 x 4032), FX
ƒŒƒ“ƒYF 85mm F/1.4G
ŽB‰eŽÒ–¼F                                     
’˜ìŒ ŽÒ–¼F                                                       
Å“_‹——£F 85mm
˜Ioƒ‚[ƒhF ƒ}ƒjƒ…ƒAƒ‹
‘ªŒõƒ‚[ƒhF ’†‰›•”d“_‘ªŒõ
ƒVƒƒƒbƒ^[ƒXƒs[ƒhF 1/250•b
i‚è’lF F/5.6
˜Io•â³F 0’i
˜Io’²ßF
ISOŠ´“xÝ’èF ISO 100
Ždã‚ª‚èÝ’èF
ƒzƒƒCƒgƒoƒ‰ƒ“ƒXF ƒI[ƒg, 0, 0
ƒtƒH[ƒJƒXƒ‚[ƒhF AF-S
AFƒGƒŠƒAƒ‚[ƒhF ƒI[ƒg
AF”÷’²ßF ‚µ‚È‚¢
ŽèƒuƒŒ•â³F
’·•bŽžƒmƒCƒY’ጸF ‚µ‚È‚¢
‚Š´“xƒmƒCƒY’ጸF ‚µ‚È‚¢
ƒJƒ‰[Ý’èF
F‹óŠÔF Adobe RGB
ŠK’²•â³F
F‡‚¢’²®F
Ê“xÝ’èF
—ÖŠs‹­’²F
ƒAƒNƒeƒBƒuD-ƒ‰ƒCƒeƒBƒ“ƒOF ‚æ‚è‹­‚ß
ƒ”ƒBƒlƒbƒgƒRƒ“ƒgƒ[ƒ‹F •W€
Ž©“®‚䂪‚ݕ␳F
ƒsƒNƒ`ƒƒ[ƒRƒ“ƒgƒ[ƒ‹F [SD] ƒXƒ^ƒ“ƒ_[ƒh
ƒx[ƒXF [SD] ƒXƒ^ƒ“ƒ_[ƒh
ƒNƒCƒbƒN’²®F 0
—ÖŠs‹­’²F 3
ƒRƒ“ƒgƒ‰ƒXƒgF ƒAƒNƒeƒBƒuD-ƒ‰ƒCƒeƒBƒ“ƒO
–¾‚邳F ƒAƒNƒeƒBƒuD-ƒ‰ƒCƒeƒBƒ“ƒO
F‚Ì”Z‚³(Ê“x)F 0
F‡‚¢(F‘Š)F 0
ƒtƒBƒ‹ƒ^[Œø‰ÊF
’²FF
”­Œõƒ‚[ƒhF  
’²Œõ•â³F  
ƒtƒ‰ƒbƒVƒ…ƒ‚[ƒhF  
ƒJƒ‰[ƒtƒBƒ‹ƒ^[F
‘ª’nŒnF
‰æ‘œ^³«ŒŸØ‹@”F ‚µ‚È‚¢
ƒSƒ~œ‹ŽF
‰æ‘œƒRƒƒ“ƒgF                                     
[#End of Shooting Data Section]
  4. Chicago Fire - Season Pilot
  5. BsB1BHwCIAI-Pv-