東方神起ユンホが入隊!兵役の期間はいつまで?活動再開時期を予想!

この記事は2分で読めます

300x

韓国のアイドルグループ『東方神起』の

リーダーのユンホ(29)さんが、

韓国軍に入隊することが話題になっています。

 

ユンホさんの兵役期間はいつまでなのか、

また、活動再開時期はいつ頃になるのか

気になる情報をまとめてみました!

スポンサードリンク

東方神起ユンホのプロフィール

yunho2

名前:ユノ・ユンホ

本名:チョン・ユンホ

生年月日:1986年2月6日

年齢:29歳(2015年6月現在)

出身地:韓国ソウル

身長:184cm

体重:66kg

血液型:A型

ユンホさんといえば日本では

東方神起のメンバーとして

主に女性の方からの人気が高いですね。

 

高身長や筋肉隆々なルックスで

多くの女性ファンを虜にしています。

 

東方神起としてだけでなく、

韓国のドラマにも多数出演するなど

俳優としての活動も多く行っています。

 

日本では2013年に放送されたドラマ『サキ』

ゲストとして出演されていました。

ユンホが7月21日から入隊?

o079411911276109870845

東方神起の所属する事務所が今月9日、

ユンホさんが2015年7月21日から

韓国軍に入隊することを発表しました。

 

今年4月に行われたツアーでは、

『しばらく会えなくなる』

入隊を匂わせる発言もしていたそうです。

 

突然こう言われたファンのかたは

かなりショックが大きそうですね…。

スポンサードリンク

ユンホ兵役の期間について

SnapCrab_NoName_2015-3-27_1-21-27_No-001

ユンホさんの気になる兵役の期間についてですが、

その前に韓国の兵役について簡単に説明します。

 

兵役とは韓国人男性の義務であり、

19歳〜29歳の間に約2年間兵役につき

入隊しなければいけないそうです。

 

ユンホさんは現在29歳ということで、

兵役につくという噂が元々出ていたようです。

 

兵役には免除制度もあるようですが、

芸能人の『兵役逃れ』はマイナスイメージが

大きく、あまり受ける人はいないそうです。

 

そして、気になる兵役期間についてですが、

所属事務所の発表によると7月21日の入隊後、

5週間の基礎軍事訓練を受けて、

21ヶ月間服務する予定だそうです。

 

この期間から考えると、兵役期間は

2017年の5月末頃までということになります。

 

2年弱という期間ですが、人気アイドルに

とっては2年間の空白はかなり大きいものに

なってしまいそうです。

ユンホの活動再開時期はいつ?

img_76dfd39da70b2bdd2e37570f6f8a4bbb1969381

兵役期間は2017年の5月頃までと考えられますが、

ユンホさんが東方神起での活動を再開する

時期はいつ頃なのでしょうか?

 

実は、東方神起のもう一人のメンバーである

チャンミンさんにも兵役の噂が出ています。

 

チャンミンさんはユンホさんの2歳年下のため、

入隊時期は2017年2月頃と言われています。

 

チャンミンさんがこの時期に入隊すると、

ユンホさんが兵役から戻ったとしても

東方神起はユンホさんのみになってしまいます。

 

ユンホさんソロで活動という噂もありますが、

やはりお二人揃っての東方神起でもあるので、

東方神起自体の活動再開は2019年頃

考えるのが妥当ではないでしょうか?

 

今年2月に福岡で行われたツアーの中では

チャンミンさんが日本のツアー再開は

早くても2018年春以降と発言していたので、

もしかするとその時期になるかもしれませんね。

まとめ

ユノ・ユンホ2

ファンにとって活動休止は寂しいですが、

2年経っても待ち続けてくれると思うので、

無事兵役を終えて元気に戻ってきて欲しいですね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 佐々木萌詠a
  2. 9f48335e
  3. takizawa
  4. [#Beginning of Shooting Data Section]
Nikon D3X
2012/01/20 21:45:55.08
ƒ[ƒ‹ƒhƒ^ƒCƒ€F UTC+9, ‰ÄŽžŠÔ‚̐ݒèF‚µ‚È‚¢
ƒƒXƒŒƒXˆ³kRAW (12-bit)
‰æ‘œƒTƒCƒYF L (6048 x 4032), FX
ƒŒƒ“ƒYF 85mm F/1.4G
ŽB‰eŽÒ–¼F                                     
’˜ìŒ ŽÒ–¼F                                                       
Å“_‹——£F 85mm
˜Ioƒ‚[ƒhF ƒ}ƒjƒ…ƒAƒ‹
‘ªŒõƒ‚[ƒhF ’†‰›•”d“_‘ªŒõ
ƒVƒƒƒbƒ^[ƒXƒs[ƒhF 1/250•b
i‚è’lF F/5.6
˜Io•â³F 0’i
˜Io’²ßF
ISOŠ´“xÝ’èF ISO 100
Ždã‚ª‚èÝ’èF
ƒzƒƒCƒgƒoƒ‰ƒ“ƒXF ƒI[ƒg, 0, 0
ƒtƒH[ƒJƒXƒ‚[ƒhF AF-S
AFƒGƒŠƒAƒ‚[ƒhF ƒI[ƒg
AF”÷’²ßF ‚µ‚È‚¢
ŽèƒuƒŒ•â³F
’·•bŽžƒmƒCƒY’ጸF ‚µ‚È‚¢
‚Š´“xƒmƒCƒY’ጸF ‚µ‚È‚¢
ƒJƒ‰[Ý’èF
F‹óŠÔF Adobe RGB
ŠK’²•â³F
F‡‚¢’²®F
Ê“xÝ’èF
—ÖŠs‹­’²F
ƒAƒNƒeƒBƒuD-ƒ‰ƒCƒeƒBƒ“ƒOF ‚æ‚è‹­‚ß
ƒ”ƒBƒlƒbƒgƒRƒ“ƒgƒ[ƒ‹F •W€
Ž©“®‚䂪‚ݕ␳F
ƒsƒNƒ`ƒƒ[ƒRƒ“ƒgƒ[ƒ‹F [SD] ƒXƒ^ƒ“ƒ_[ƒh
ƒx[ƒXF [SD] ƒXƒ^ƒ“ƒ_[ƒh
ƒNƒCƒbƒN’²®F 0
—ÖŠs‹­’²F 3
ƒRƒ“ƒgƒ‰ƒXƒgF ƒAƒNƒeƒBƒuD-ƒ‰ƒCƒeƒBƒ“ƒO
–¾‚邳F ƒAƒNƒeƒBƒuD-ƒ‰ƒCƒeƒBƒ“ƒO
F‚Ì”Z‚³(Ê“x)F 0
F‡‚¢(F‘Š)F 0
ƒtƒBƒ‹ƒ^[Œø‰ÊF
’²FF
”­Œõƒ‚[ƒhF  
’²Œõ•â³F  
ƒtƒ‰ƒbƒVƒ…ƒ‚[ƒhF  
ƒJƒ‰[ƒtƒBƒ‹ƒ^[F
‘ª’nŒnF
‰æ‘œ^³«ŒŸØ‹@”F ‚µ‚È‚¢
ƒSƒ~œ‹ŽF
‰æ‘œƒRƒƒ“ƒgF                                     
[#End of Shooting Data Section]
  5. o0800106713183384370